Flutter開発環境構築:Mac編

Flutter
スポンサーリンク

はじめに

FlutterとはGoogleが開発したモバイルアプリを開発するツールでiPhone、Androidアプリを同時に開発できるクロスプラットフォームです。

最近注目度が上がってきていてFlutterで開発する人、勉強を始める人が増えてきています。

 

私はもともとXcodeを使ってiPhoneアプリ開発を勉強していたので、今もMacbookでFlutterの勉強、アプリ開発の仕事をしています。

 

Flutterに関してはMacでもWindowsでもインストールし使用することができるのでWindowsPCでもiPhoneアプリを開発できます。

iOSエミュレータや実機テスト、iOS版リリースはXcodeが必要なのでWindowsPCではできません。

 

今回はMacでのFlutter開発環境を構築する方法を紹介します。

 

Flutterはそれ単体でアプリを開発できるわけではなく、Android Studioなどのアプリ開発環境で使用します。

なので今回はAndroid Studioを用いた開発環境を構築していくこととします。

 

***注意***

Macにはすでに最新版のXcodeがインストールされていることを前提に進めていきますのでまだ最新版のXcodeがインストールされていない場合はAppStoreからXcodeをインストールしておいてください。

 

Flutterインストール

インストール

Flutterをインストールします。

Flutter公式サイトからMac版のFlutterをインストールしてください。

 

インストールが終わったらzipファイルでインストールされているので解凍しflutterというファイルを適切な場所へ移動させてください。あとのパスを通す際のことも考えてユーザーディレクトリのホームディレクトリ内で良いでしょう。

Finderでのホームディレクトリへの移動の仕方は、メニューバーの移動から”ホーム”を選択することで移動することができます。

 

ホームディレクトリに追加した場合、今後開発で使用することが多いディレクトリですのでホームディレクトリ自体をよく使う項目に追加しておいても良いでしょう。

その場合はユーザディレクトリ内のホームディレクトリをドラッグ&ドロップするだけで大丈夫です。

 

パス(Path)を通す

パスを通すということを聞きなれない方も多いかと思いますが、ここが非常に戸惑う人が多い箇所なので丁寧に進めていきましょう。

 

パスを通す」というのは簡単にいうと使用できる状態にするということです。

つまりインストールした段階ではパスが通っておらずFlutterは使用できる状態にありません。

 

また注意したいのはMacの場合、パスは「1度通しても切れる」ということです。

ここで少し難しいかもしれませんが「パスの永続化」というものを行うと毎回パスを通すことなく常にパスを通すことができ開発が非常に捗ります。

パスの永続化については別の記事で書きますのでここでは単純にパスを通す方法で進めていきます。

 

ターミナルを開きます。

パスを通すコマンドは[export PATH=”$PATH:「上で移動したflutterファイルの保存先」/flutter/bin”]となります。もしホームディレクトリ内に保存しているなら以下のコマンドでパスが通ります。

 

flutterコマンドでパスが通ったか確認できます。(私には”A new version of Flutter is available!”と出ていますが最新版インストールした人は出ません。)

flutterコマンドが通らない人はパスを通した時の保存先指定が間違っている場合が多いのでよく確認してください。

 

先ほども言った通りターミナルを閉じるとパスは切れ再度ターミナルを開いた時にはfutterコマンドが通らずまたパスを通し直す必要があります。

コメント