Flutter開発環境構築:Windows編

Flutter
スポンサーリンク

WindowsでのFlutter開発環境構築

はじめに

今回はWindowsでのFlutterの開発環境構築の流れを説明していきます。

 

最近盛り上がっているFlutter SDKはiPhoneアプリとAndroidアプリを同時に開発することができ、

Windowsでも使用できるため今までiPhoneアプリを作るためにMac、XcodeがないとiPhoneアプリが開発できなかったのがWindowsのPCでもできるようになります。

*実際にはiOSシミュレーターやiPhoneでの実機テスト、リリースなどはMac、Xcodeがないとできません。

 

Flutterはそれ単体で使えるようなソフトウェアではなく、実際にはAndroid StudioやVisual Studio Code、IntelliJ IDEAなどのアプリ開発ソフトで用いて使用します。

 

今回は基本的なAndroid Studioでの開発環境構築をしていきます。

 

Flutterインストール

さっそくFlutterをインストールしていきます。

以下のリンクからFlutterの公式サイトにとんでFlutterをダウンロードします。

 

Install
Install Flutter and get started. Downloads available for Windows, macOS, Linux, and Chrome OS operating systems.

ダウンロード

  1. 今回はwindowsでの開発環境を構築するので”windows”を選択します。
  2. 次に画像の赤丸で囲った部分を選択し、Flutterをダウンロードします。
  3. zipファイルで保存されるのでzipファイルを解凍します。
  4. 解凍されたファイル”flutter”を探し、適当な位置(:C/user/・・/documentsなど)に移動させます。
  5. これでflutterのダウンロードが完了しました。

PATHを通す

「PATHを通すってなんぞや?」ってなる人もいるかと思いますがここではPATHについての詳しい説明はしません。

すごく簡単に説明すると「いつでも簡単にFlutterを使用できるようにしておくこと」です。PATHについて詳しく知りたい方は下に丁寧に説明されているQiita記事を見つけたのでリンク貼っておきます。

「PATH を通す」の意味をできるだけわかりやすく説明する試み - Qiita
「PATH を通す」の意味をできるだけわかりやすく説明する試みです。 前提知識 Windows ファイル、フォルダ、フルパス、実行ファイルの意味がわかっている コマンドプロンプト上で実行ファイルを開く程度の操作を行ったことがあ...

 

以下の手順でPATHを設定します。

  1. スタート画面での検索欄で”システム環境変数の編集”を検索し、開きます。
  2. “環境変数”を選択し、”ユーザー環境変数”で新規でPATHを追加します。
  3. nameは任意で設定し、変数値は”ファイルの参照”で先ほど移動させたflutterを開きbinというファイルを選択、開くで設定できます。(自分で打ち込んでも大丈夫ですが間違えるとPATHが通らないので注意してください。)                  
  4. ユーザー環境変数に新たに変数が追加されていることを確認し、”OK”を押し、変数の編集を完了します。
  5. 次にflutterファイル内にある”flutter_console”を開き、「flutter doctor」を入力しEnterを押します。                       
  6. 以下の画像のようになればPATHの設定は終了です。   

コメント